SWOT分析とKPIの関係について

みなさん

こんにちは。

経営戦略を考えるときにSWOT分析が有効ですが、実際に活用されている会社も多いと思います。

また、SWOT分析をしたことがなくても、興味がある方も多いと思います。

SWOT分析とは

SWOT分析は、戦略を策定する前段階において、経営環境を分析し、打ち手を編み出すツールです。
Strength(強み)、Weakness(弱み)、Opportunity(機会)、Threat(脅威)の頭文字をとってSWOT分析と呼んでいます。

SWOT分析の目的

SWOT分析をする目的は、会社の目的(経営理念や経営数値目標の実現)を達成するために、何をすることが重要であるかを明らかにすることにあります。

何が重要かが分かれば、そこに集中することで会社の目的を達成する可能性が飛躍的に上がります。

SWOT分析の流れ

①SWOT分析
会社の内部環境として「強み」と「弱み」を、そして外部環境として「機会」と「脅威」を洗い出します。
ここで、内部環境とは会社でコントロールができることで、外部環境は会社ではコントロールできないことです。

(強み)・・・競合他社と比較して優れているもの

(機会)・・・自社が成長するために利用可能で有利な環境

(弱み)・・・競合他社と比較して劣っているもの

(脅威)・・・自社が成長するにあたり妨げとなる環境

(※)内部環境と外部環境について
内部環境・・・接客、提案力、品揃え、売り方の工夫、商品力、情報力など
外部環境・・・人口の変化、ライフスタイルの変化、競合他社の行為、価値観の変化など

②クロス分析
SWOT分析の結果から、会社の目的(経営理念や経営数値目標の実現)を達成するために、何が重要な成功要因になるかを考えます。

これにより導き出されるものが重要成功要因となります。

(強み)×(機会)・・・機会を自社の強みで取り込むために何をする必要があるか

(弱み)×(機会)・・・機会を自社の弱みで取りこぼさないために何をする必要があるか

(強み)×(脅威)・・・自社の強みで、脅威を機会に変えるためには何をする必要があるか

(強み)×(脅威)・・・最悪の事態を招かないために何をする必要があるか

KPI(重要績評価指標)との関係は

KPI ( Key Performance Indicator、重要業績評価指標)は、「売上」や「粗利」などの結果ではなく、結果を出すための重要な要因(重要成功要因)の進捗状況を“見える化”したもので、KPIを達成することで結果に結びつけていくものです。

KPI(重要業績評価指標)の選び方

KPIは、重要成功要因の進捗状況の“ものさし”となるべく、重要成功要因を数値化したものです。

例えば、SWOT分析で、「強み」が「提案力」で、「機会」として「A市場の成長」となった場合、クロス分析により、「A市場に提案をする」ということが重要成功要因となります。

しかし、ここで終わってしまっては実行可能性は低くなります。

なぜならば、「A市場に提案をする」だけでは、何件提案数するかといった具体性に欠け、メンバーが実行しにくい環境になるからです。

数値化が重要

重要成功要因を確実に実行に移すためには、重要成功要因の進捗状況の“ものさし”となるように、重要成功要因を数値化することが重要です。

管理の原則で、「測定できないものは管理ができない」という言葉があります。

「提案をする」ということを数値化することで、「提案をする」ことを管理することができるようになります。

そして、この数値化したものがKPIになります(KPIをまとめたものがバランススコアカードになります)。

そして、KPIの目標数値を「アクションプラン」に落とし込んでいきます。具体的には、売上目標を達成するために、どの顧客に何個提案するかを決定していきます。

ぜひ、皆さんの会社でも、SWOT分析・クロス分析を通して重要成功要因を明確にして、それらをKPIとして数値化してマネジメントすることで、成果に結びつけていってください。

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
出身地:愛知県一宮市
好きな偉人:坂本竜馬
私はお客様である会社様、経営者様、従業員様に本当に幸せになって貰いたいと願っていて、そのためにはやはり「成果を出す」ことが重要です。そして、このお客様への思いと成果が相まって初めて信頼関係ができると思っています。
詳しくは ⇒ プロフィール

ABOUTこの記事をかいた人

出身地:愛知県一宮市
好きな偉人:坂本竜馬
私はお客様である会社様、経営者様、従業員様に本当に幸せになって貰いたいと願っていて、そのためにはやはり「成果を出す」ことが重要です。そして、このお客様への思いと成果が相まって初めて信頼関係ができると思っています。
詳しくは ⇒ プロフィール