事業計画を実行するために

みなさん

こんばんは

事業計画を作ったが、なかなか実行できなくて悩まれて方もみえると思います。

事業計画はどんなにすばらしいものをつくっても、実行されなければ意味がありません。

戦略・事業計画を実行するための経営ツール=バランス・スコアカード

バランス・スコアカードは、「社員が自発的に考え行動し成果をだす戦略・事業計画」をつくるとともに、戦略を実行していくために、とても適した経営ツールです。

ここで、バランス・スコアカードについて簡単に説明をします。

バランス・スコアカードによる戦略・事業計画の策定・実行(目標管理)

・特徴その1・・・財務的な目標だけでなく、財務数値を達成するための目標を設定

会社の経営理念やビジョンを達成するための『戦略目標』を決定する際には、“売上高や粗利率”といった『財務指標』だけでなく、“顧客との信頼関係や業務プロセス”といった『非財務指標』を重視しなければなりません。 バランス・スコアカードは、『戦略目標』を決定する際に、①『財務の視点』、②『顧客の視点』、③『業務プロセスの視点』、④『人材成長の視点』の4つの視点で考えていきます。

・特徴その2・・・戦略を社員の日々の行動に落とし込む

戦略を実行するめには、戦略を社員の日々の行動レベルまで落とし込まなければなりません。バランス・スコアカードでは、『戦略目標』を達成するために、何が一番重要な要因かを考え、その要因を数値化して『見える化』します。つまり、『KPI(重要業績評価指標)』を決定します。『KPI(重要業績評価指標)』を決めたら、次は具体的なアクションプランを設定していき、社員1人1人の日々の行動に落とし込みを行います。

・特徴その3・・・人材の成長

戦略を実行するためには、人材の成長が不可欠です。

バランス・スコアカードは、『全社版』を基に『事業部版』を作成し、『事業部版』を基に『個人版』を作成していきます。

この際、『事業部版』と『個人版』の作成者は、各当事者になります。

これにより、全社の戦略と事業部および個人の戦略が整合するとともに、個人は自分で決めた目標に対する責任感、自主性が生まれ、人材の成長を促すことが可能になります。

・特徴その4・・・分かりやすさと納得感

戦略を実行する上で、戦略の分かりやすさと納得感が欠かせません。

バランス・スコアカードを構成するのは、『戦略マップ』と『バランス・スコアカード』で、どちらもA4用紙 1枚にまとめます。A4用紙1枚にまとめることにより、シンプルで分かりやすくなり、また、『戦略マップ』はストーリー性を大切にしていますので、納得感が生まれ社員が戦略を理解しやすくなります。

以上のとおり、バランス・スコアカードは、戦略・事業計画の策定にも実行にも適したツールです。

ぜひ、活用してみてください。

 

The following two tabs change content below.
出身地:愛知県一宮市
好きな偉人:坂本竜馬
私はお客様である会社様、経営者様、従業員様に本当に幸せになって貰いたいと願っていて、そのためにはやはり「成果を出す」ことが重要です。そして、このお客様への思いと成果が相まって初めて信頼関係ができると思っています。
詳しくは ⇒ プロフィール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

出身地:愛知県一宮市
好きな偉人:坂本竜馬
私はお客様である会社様、経営者様、従業員様に本当に幸せになって貰いたいと願っていて、そのためにはやはり「成果を出す」ことが重要です。そして、このお客様への思いと成果が相まって初めて信頼関係ができると思っています。
詳しくは ⇒ プロフィール