バランス・スコアカードの役割とは

みなさん、こんばんは。

今日は、バランス・スコアカードの役割の話をしていきます。

会社の価値を生み出しているもの

みなさんの会社で作られている貸借対照表には、会社の資産、負債、純資産が書かれています。

資産には、現金、売掛金、在庫、建物、土地、機械といったものが書かれています。

昔、例えばT型フォードが作られていた時代には、資金や機械といった有形の資産が、会社の価値を作り出す源泉の中心になっていました。

しかし、現在に至るにつれて、会社の価値を作り出す源泉が、有形の資産から、顧客との関係性、人材力、開発力、技術力など、無形の資産に移ってきました。

しかしながら、貸借対照表だけでは、人材力などの重要な資産を表すことができませんし、他に表すものもありません。

大事でありながら、表すものがないのでは、マネジメントすることが難しくなって当然です。

ここで、開発されたのが、バランス・スコアカードです。

バランス・スコアカードは、ハーバード大学教授のロバート・キャプランと、ボストン出身のコンサルタント、デビッド・ノートンによって開発されました。

バランス・スコアカードは、開発当初は、上記のような業績評価のためのツールとして登場しました。

その後、もう一つ重要な機能をバランス・スコアカードが果たしていくことになります。

貸借対照表と損益計算書

貸借対照表は会社の財政状態を、損益計算書は経営成績を表すものとして作られ、皆さんが頑張ってきた結果を“見える化”しています。

この2つとともに重要なのが、これからの将来、つまり現在進めている戦略を“見える化”することです。

バランス・スコアカードのもう一つの機能は、“戦略を見える化”するとともに、戦略の実行度合を見える化することです。

貸借対照表や損益計算書とならび、バランス・スコアカードは会社にとって必要不可欠なものといえます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
出身地:愛知県一宮市
好きな偉人:坂本竜馬
私はお客様である会社様、経営者様、従業員様に本当に幸せになって貰いたいと願っていて、そのためにはやはり「成果を出す」ことが重要です。そして、このお客様への思いと成果が相まって初めて信頼関係ができると思っています。
詳しくは ⇒ プロフィール

ABOUTこの記事をかいた人

出身地:愛知県一宮市
好きな偉人:坂本竜馬
私はお客様である会社様、経営者様、従業員様に本当に幸せになって貰いたいと願っていて、そのためにはやはり「成果を出す」ことが重要です。そして、このお客様への思いと成果が相まって初めて信頼関係ができると思っています。
詳しくは ⇒ プロフィール