営業の活動について

みなさん、

こんにちは。

営業部は、会社の中で、顧客に一番近い部署になります。

営業部では、お客様が「何に困っているか」、「お客様のお困りごとを自社でどのように解決をしていくのか」を考えて行動していくことが重要です。

そのためには、お客様に接する時間を確保して、お客様を理解し、お困りごとを知る必要があります。

ただし、営業部の時間は無制限にあるわけではありません。。

お客様に接する時間を確保するために、営業部の活動を変えていく必要があります。

営業部の活動を見直すにあたって、まずはじめに、営業が何に時間を使っているかを分析することが重要です。

営業部で行われる活動には、お客様を知るための活動、提案する活動、移動活動、資料作成活動、会議活動などがあります。

この中で、お客様のニーズを聞き、解決するための活動に多く時間を当てる必要があります。

具体的には、「お客様を知るための活動」や「提案する活動」などといった活動です。

移動や会議は必要ですが、それが、直接お客様のお困りごとを解決するわけではありません。

これらの活動を、いかに短くして、「提案する活動」の時間を多く作り出すことが重要です。

それにより、残業を短くしながら業績を上げるということが可能にでき、働き方改革にもつながります。

こちらの記事もおすすめです:

The following two tabs change content below.
出身地:愛知県一宮市
好きな偉人:坂本竜馬
私はお客様である会社様、経営者様、従業員様に本当に幸せになって貰いたいと願っていて、そのためにはやはり「成果を出す」ことが重要です。そして、このお客様への思いと成果が相まって初めて信頼関係ができると思っています。
詳しくは ⇒ プロフィール

最新記事 by 家田 憲二 (全て見る)

ABOUTこの記事をかいた人

出身地:愛知県一宮市
好きな偉人:坂本竜馬
私はお客様である会社様、経営者様、従業員様に本当に幸せになって貰いたいと願っていて、そのためにはやはり「成果を出す」ことが重要です。そして、このお客様への思いと成果が相まって初めて信頼関係ができると思っています。
詳しくは ⇒ プロフィール