地球に住むすべての生きもののために SDGs人類の責任

みなさん

こんにちは。

連日35度を超す日が続いています。

私は1968年に生まれましたが、子供のころの記憶では、夏の暑い日は30度程度だったことを覚えています。

私の子供のころと比べると、夏の暑さが増していることを実感します。

暑い日の中、ふと足元をみると、ダンゴムシやアリなどの昆虫たちが懸命に生きています。

これらの虫たちを見ていると、この異常な暑さで、これらの虫やその他の生きものは大丈夫だろうか。この暑さに耐えられるのだろうかと思います。

我々人類は暑ければクーラーをつけ快適な空間を得ることができます。

しかし、人類以外の生きものにとっては、この暑さを避ける手段がなく受け入れざるを得ません。

この暑さに耐えられなければ、命の危機に関わります。

我々人類の見えないところで、今この時も、他の生きものが苦しんでいることを考えると、人類が本気でSDGsに取り組み、地球のあるべき姿に向けて進んでいく責任を強く感じます。

あるべき地球の姿に向かえるよう、私を含め、人類が本気でSDGsに向き合う必要があります。

 

The following two tabs change content below.
出身地:愛知県一宮市
好きな偉人:坂本竜馬
私はお客様である会社様、経営者様、従業員様に本当に幸せになって貰いたいと願っていて、そのためにはやはり「成果を出す」ことが重要です。そして、このお客様への思いと成果が相まって初めて信頼関係ができると思っています。
詳しくは ⇒ プロフィール

ABOUTこの記事をかいた人

出身地:愛知県一宮市
好きな偉人:坂本竜馬
私はお客様である会社様、経営者様、従業員様に本当に幸せになって貰いたいと願っていて、そのためにはやはり「成果を出す」ことが重要です。そして、このお客様への思いと成果が相まって初めて信頼関係ができると思っています。
詳しくは ⇒ プロフィール