長期的な成長のために

会社の形態として株式会社が多くありますが、世界初の株式会社は、1602年に設立されたオランダの東インド会社と言われています。

事業内容は、航海によるアジア貿易で、アジア産の香辛料などの貿易で栄えていました。

それ以前も会社は存在していましたが、1航海ごとに清算されていて、持続的な経営がされるという点で世界初の株式会社と言われています。

このオランダイ東インド会社ができた時から、持続的な経営は始まったといえます。

持続的な経営は現代でも重要であり、これを達成するためにはいろいろな重要なことがありますが、重要なものとして「経営理念」があります。

経営理念

経営理念は、「なぜこの事業を行うか」という経営者の「想い」です。

この想いが強いほど、幾多の苦難を乗り越える原動力となるとともに、社員が経営理念を共有することで全員一丸となって前に進むことができます。

また、持続的な経営のためには、達成したい姿を「ビジョン」としてあらわし、社員と共有することも重要です。

こうなりたいというビジョンがあれば、向かうべき方向を見失うことなく、全員が同じ方向で突き進むことが可能になります。

長期的に成長していくために、経営理念とビジョンを社員と共有し、ビジョンに向かって進んでいくことが重要です。

The following two tabs change content below.
出身地:愛知県一宮市
好きな偉人:坂本竜馬
私はお客様である会社様、経営者様、従業員様に本当に幸せになって貰いたいと願っていて、そのためにはやはり「成果を出す」ことが重要です。そして、このお客様への思いと成果が相まって初めて信頼関係ができると思っています。
詳しくは ⇒ プロフィール

ABOUTこの記事をかいた人

出身地:愛知県一宮市
好きな偉人:坂本竜馬
私はお客様である会社様、経営者様、従業員様に本当に幸せになって貰いたいと願っていて、そのためにはやはり「成果を出す」ことが重要です。そして、このお客様への思いと成果が相まって初めて信頼関係ができると思っています。
詳しくは ⇒ プロフィール